【北海道〜沖縄】国内外での一人旅【シンガポール・マレーシア】

私の趣味は一人旅です。北海道から沖縄まで国内ももちろんですが、最近では海外も飛び回っています。その中でも最近は、ツアーではなくすべて個人手配して費用を浮かせることに力を入れています。格安航空を使うのはもちろんのこと、格安の宿泊施設を利用しています。
お盆にシンガポールに行ったときは、外国の格安航空を利用して往復で飛行機代が2万円に収まりました。安いために困ったときはどうすればいいかなどもなく、マレーシアでの乗り換えのときに飛行機が何時間も遅延しており、またまったくといっていいほど補償もない上、日本語が通じる人がいるはずもなく、もしかしたらこのまま日本に帰れずマレーシアに取り残されるのではないかとヒヤヒヤもしました。
他にも宿泊施設が安いところを探すと、ゲイラン地区というシンガポールのにあるホテルに行きついたために、シンガポールは比較的治安がいいところなのであまり心配せずそこに決定しましたが、深夜のタクシーでぼったくりに遭遇しました。そういったトラブルも含めて旅の醍醐味だと思います。

夏休みの間は先生はどうやって過ごしているの

子ども達はもうすぐ夏休みに入りますが、先生方はどうなのでしょうか。
うちみたいに親が働いている家庭では、子どもはお留守番になり、給食がないからお昼も毎日作り「夏休みなんてなくて良いのに!」「夏休みなんて先生が休みたいだけじゃない」と思っていましたが、どうやらそうでもないらしいのです。
先生は授業がないだけで出勤日ではあるため毎日出勤もします。その上夏の間は研修会などが多数開かれ、毎日2箇所同時に出席なんてことでもしないと消化できないほど多忙らしいです。研修会などに出席すると、校長に提出する書類を作成したり付随する仕事もこなす必要があります。
中学校では部活動の指導もありますが休日出勤ではないので、特別手当などがつきません。それも、部活動計画書を提出して終わったら報告書を提出してと付随する仕事が増えます。夏は大会や試合も多く合宿などもあれば先生は仕事以外の時間にそれをこなします。
秋からの学期の授業計画や前期の報告などやることは盛りだくさんです。
「先生が休みたいだけ」とは口が裂けても言えませんね。