毎日毎日、株価が下げるとそろそろ株価が反発するのではないかという気持ちがでてきます

毎日毎日、株価が下げるとそろそろ株価が反発するのではないかという気持ちから、短期的なリバウンドをねらって株式を購入したくなります。確かに短期的にはそろそろ株価が反発してもおかしくない水準になっていると思います。
しかし、その株価の反発は本当に一過性の株価の反発なのか、それともまたもと水準まで株価を戻す原動力となる株価の反発なのか誰にも分かりません。ただ、日経平均株価は二万円を超えてからその後一万五千円まで落ちた後また二万円を超えて上がっていったということを考慮すると、今回の株価の下落をそれほど悲観的に捉えなくてもいいのではないかと思います。
これはいつものことなのですが、株価が下がりだすと「リセッションだ。」とか「株高は否定され景気回復は終わった。」ということを言う人がどこからともなく出てきますが、そのような人というのは基本的に株式投資をしている人ではなくただの批評家気取りの人です。
ですから、個人投資家はそのような人の言動に左右されることなく、投資先の会社について調べるほうが賢明なのです。キャッシング 在籍確認