今さらだけどスキレットの醍醐味に気が付いた。

スキレットが流行ってから実に経ちますが、今さら手に入れました。
ロッジの6 1/2ボリューム。
流行っていた事も知らずにこれまで過ごしていましたが、
書店で特集があったので製法とものが指標になった物を衝動買い。

凄く美味しそうなレシピ本がついていらっしゃる。
すぐさま、シーズニングなる作業を取りかかり見る。
初めての物事だから慣れない。キッチンが煙でモクモクスピード。
子供達は遠くから私の努力振りをおっかなびっくり眺めていらっしゃる。

下段取りが完了して、いよいよ牛肉の会合が露出。
先日コストコで買ってきた牛肉をステーキのようにカットして、
スキレットへ注入だ。

美味しそうな素晴らしい声でジュージュー焼けて、
保温性が良いから、ちょこっと火が通ってきたら火を止めてしまう。

専ら、据え置き合わせのブロッコリーとニンジンを添えて膳へ。

アツアツなのに、子供達は沢山食べます。
フライパンで焼いたときは、直ちに冷めて仕舞うけど、
スキレットなら最後まで人懐っこいとおりなので、
頻度が降る物事無く第最初弾はぱっと食べつくされちゃった。

私の口には入らなかった。佳麗一切無くなってる。
仕方がないので第二弾を焼いて、それも幾分以来子供達になくなる手入れ。

まだ年長と小学校の幼児両者。
スキレットで焼いたお肉はそんなに美味しかったのね。

食べてくれるのはありがたいけど、
この先の食費が末恐ろしいぞっ。

今さらだけど、こういうスキレットを使って色々なクッキングに挑戦してみようと思います。エピレ 500円